風俗をオススメする理由

風俗の気分になっちゃいます

週末。休前日。残業終わり。給料日直後。こういったフレーズはこちらを風俗気分にさせてくれますよね。風俗が素晴らしいサービスなのは何も反論はありませんけど、ただ風俗っていつでも利用できるものではあっても、自分自身の事情もあるじゃないですか。それでどうしても利用出来ない時もあると思うんですよね。でも、さっき挙げたタイミングの時だけは風俗を利用しても良いタイミングじゃないですか。だからその時だけはつい風俗を楽しもうかなって気持ちになるんです。それに、楽しんでも問題ない瞬間じゃないですか。もしもですけど、それ以外のタイミングで風俗を楽しんだ場合、快感なのはいいんですけど、それ以外の部分でどうしても心配しなければならないじゃないですか。仮の電車はとか、お金は大丈夫なのかとか(笑)100%風俗嬢だけに集中出来る時。それが冒頭のタイミングだと思うので、そんなときにはつい風俗気分になってしまいますよね(笑)

イライラしても仕方ないですしね

どうしてもイライラしてしまうことってあるじゃないですか。自分で上手く消化出来るならいいんですけど、なかなか消化出来ないパターンもあるじゃないですか。そんな時にこそ風俗に行くようにしています。自分で思ったのは、オナニーでの欲求不満解消は限界があるんじゃないかなと。自分だけでは限界があるんですけど、女の子に抜いてもらうとあっさりと欲求不満を解消出来るので、風俗に行くのも意外と有意義なことなんじゃないかなって思うようになりましたね。むしろ欲求不満の解消が可能なサービスは風俗くらいなものなんじゃないですかね。仮にですけど、最高点に到達してしまうんじゃないかってくらいのものになってしまったら、はっきり言って風俗にでも行かない限り、難しいんじゃないかなって思うんですよね。つまりはそれが風俗の意義でもあると思うので、決してただ単に女の子と遊べるってだけじゃなくて、セルフコントロールのためにも役立っているなって。